『カノンだより』上映会と石丸偉丈さんとのお話会


3.11 東日本大震災、東京電力福島第一原子力発電所事故から3年

すべての子どもたちに幸せな未来を手渡していくために、今、できることは ―

鎌仲ひとみ監督次回作・撮影現場からのリポート『カノンだより』上映会と

国分寺・こどもみらい測定所代表 石丸偉丈さんとのお話会

 

日時 : 3月23日(日) 14:00~17:00(開場13:30)

場所 : 青梅市福祉センター 集会室1・2・3

交通 : JR青梅線・東青梅駅下車徒歩5分

費用 : 1,000円 (予約/前売800円)

 

<問合せ・申込>

omebunbun@gmail.com

090-8852-5040 (佐藤)

 

※別室にキッズスペースあり(和室)
お名前・人数・ご連絡先(メールアドレス・電話番号等)をお知らせください

 


チェルノブイリ事故後放射能汚染と闘い続けるベラルーシ・ウクライナの人々の経験、福島原発事故の被災者の現状、私たちの暮らす東日本・東京・西多摩地域の状況にしっかりと向き合い、希望を見出すための情報を共有しましょう。

 

  • 第一部 14:00~14:50
    『カノンだより』上映
    『カノンだより』は今秋公開予定、鎌仲ひとみ監督の次回作『小さき声のカノン-選択する人々(仮)』の撮影現場からのリポートです

  • 第二部 15:00~16:30
    国分寺・こどもみらい測定所代表 石丸偉丈さんを囲んでのお話会
    当日午前中に行なう、高精度空間放射線量測定器・ホットスポットファインダーによる青梅・奥多摩・御岳の詳細な測定結果を、地図(グーグルアース)にマッピングされたデータを交えて報告していただきます



※ズームアップしてバルーンをクリックすると地点の詳細情報が表示されます

Google Map でご覧いただけます

 

<線量マップをご覧いただく際の注意点>

  1. GPSの精度に数m程度の誤差がありますので、地図上に線量表示された地点は幾分のズレを含んでいます。
     (特に、コンクリートの建物などの内部や近くでは、大きく位置がずれることがあります。)
  2. 空間線量は揺らぎのあるものであり、誤差を含みます。表示された測定値は10秒間測定の平均値です。
  3. 今回の測定では、地上10cm程の高さで測定をしております。
  4. 放射線には原発事故や核実験由来の人工放射線と、花崗岩や大理石などから放出される天然放射線があり、それらの合算値が表示されています。
  5. 道路上で、広めの間隔で表示されている地点は、車内での測定であり、車体によって放射線が遮蔽され、線量が低めに表示されることが一般的です。(遮蔽率は、車種や測定位置などの条件によって変化します。)
  6. 線量は0.1μSv/h毎に表示色が変更されています。
    (測定に使用された「ホットスポットファインダー」は、1~10μSv/hの10段階で校正がなされており、精度の高い測定を行うことが出来る空間線量計です。)

<石丸 偉丈 (いしまる ひでたけ) さん>

こどもみらい測定所代表・全国測定所ネット世話人

 

こどもみらい測定所は、東京都国分寺市のカフェスロー内にあるエコマーケット「Memoli」に開設された市民放射線測定所です。

今回、石丸さんをお迎えし、こどみら測定所の取り組みや今後の西多摩地区の展望についてなどお話する機会を設けています。

質疑や意見交換の時間をとっていますのでふるってご参加ください。

 
ダウンロード
kanon004.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 2.2 MB